2006年12月07日

不動産投資の利回り

不動産投資の広告等をみていると“利回り●●%!”みたいな広告だったり、

その営業マンも“これだけお徳な物件はめったにありません!この利回り見てください!”

などと言う人がいます。(このようにそれだけお徳なんだったら、なんでこの営業マンは
自分で借金をしてでも買わないのかな〜?とちょっと考えてくださいね。)

この利回り。実はいろいろな利回りの表し方があるのはご存知ですか?


1、広告利回り

2、表面利回り

3、実質利回り(NOI)

4、実質利回り(賃貸保証あり)


大きく分けて、この4つに分かれます。

この4つの違いは、

1、年間賃料収入 ÷ 物件価格

2、年間賃料収入 ÷(物件価格 + 初期費用)

3、(年間賃料収入ー運営管理コスト) ÷ 総取得費 

4、3の運営管理費の中に保証料金が入る。


つまり、物件で違いますが、1〜4では、利回りが全然変わってきます。

広告で利回りが悪いのを乗せると誰もみてくれません。

それゆえ、広告利回りみたいなパンダ価格があるんです。

不動産投資をする時は、このパンダ価格に振り回させず、ちゃんと実質利回りを計算して、
投資してくださいね。

今日の不動産投資はこれでおしまい。
posted by realplus at 23:21 | TrackBack(0) | 不動産投資の極意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。